【EM珪藻土】稚内層珪藻頁岩にEM(有用微生物群)を配合した、安全性や健康を考えた未焼成・自然素材100%珪藻土

カビ抵抗性試験

EM珪藻土、EM珪藻土フラットのカビ抵抗性試験を行いました。

【試験方法(4週間)】
約50mm×50mmの試料(試験体:EM珪藻土・EM珪藻土フラットの塗り板)を用意し、JIS Z 2911:2010かび抵抗性試験方法「6.一般工業製品の試験」を実施。

【試験菌(かび)】
  1. アスペルギルス ニゲル(JIS Z 2911の第1群a)
  2. ペニシリウム シトリナム(JIS Z 2911の第2群a)
  3. リゾープス オリゼ(JIS Z 2911の第3群a)
  4. クラドスポリウム クラドスポリオイデス(JIS Z 2911の第4群a)
  5. ケトミウム グロボスム(JIS Z 2911の第5群a)
※試験菌の生育性をポテト・デキストロース寒天培地により確認したところ、試験開始7日目で十分な育成が認められた。

【試験結果】
  • EM珪藻土 試験結果の表示:0
  • EM珪藻土フラット 試験結果の表示:0
※試験結果の表示
0:試料又は試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない。
1:試料又は試験片の接種した部分に認められる禁止の発育部分の面積は、全面積の1/3を超えない。
2:試料又は試験片の接種した部分に認められる禁止の発育部分の面積は、全面積の1/3を超える。

試験結果の表示値は0とのことで、優れた防カビ性能の証明となりました。


このページが気に入ったら、ぜひ「いいね!」を押してfacebookでシェアしてください。





Copyright OK-DEPOT All Rights Reserved.