【EM珪藻土】稚内層珪藻頁岩にEM(有用微生物群)を配合した、安全性や健康を考えた未焼成・自然素材100%珪藻土

EM珪藻土 自然素材100%調湿する塗り壁材

本サイトでは、自然素材100%稚内層珪藻頁岩使用、安全性や健康を考えた未焼成の珪藻土「EM珪藻土」の商品説明・通信販売や施工方法(塗り方)、メリット、よくある質問などを取り扱っております。
TOPICS

業者様限定!EM珪藻土・漆喰WEBセミナー

建築関係者様を対象とした【Withコロナ時代に求められる内装材 EM珪藻土・EM漆喰WEBセミナー】を開催いたします。ふるってご参加ください!
>>>詳細はこちら

OK-DEPOTでは、新型コロナウイルスの発生に伴う感染拡散防止を目的として、下記の対策を行っております。


・社屋にアルコール消毒液を設置、スタッフのマスク着用、ドアノブや手すり等の消毒、加湿器の増設。
・ピーク時間帯を避けた電車利用、在宅勤務や時差出勤の実施。
お客さまが安心してご利用いただけますよう細心の注意を払って尽力いたします。

動画【珪藻土の効果とEM珪藻土の特徴】

近年、これまで住宅に一般的に使われてきた「塩化ビニールクロス」や「合板フローリング」。これらの建材に含まれている溶剤や接着剤、塗料など有害な化学物質(VOC)が原因で健康被害(シックハウス症候群、化学物質過敏症など)を抱える人が増えたことが問題となりました。
こういった住宅事情を背景にして、近年では、安全性に配慮した快適な住環境を意識する人々が増えています。日本の古くからの建築が見直され、珪藻土のような自然素材を使ったリフォームが注目されています。新築の内装に、マンションのリフォームに、珪藻土の壁で、安全で快適な居住空間へ生まれ変わります。湿気の多い日本の気候に適した調湿する内装材、それが「珪藻土」です。
自然素材には優れた効果がありますが、同時にデメリットも当然あります。メリットとデメリットを理解して、エコで環境と健康にやさしい自然の素材、珪藻土と付き合っていきましょう。
→まずは、珪藻土がどんなものなのか、漆喰とはどのように異なるのか、詳しく見てみましょう。
→EM珪藻土は放射能に対する影響はありますか?

EM珪藻土Blog 新着情報

2020.03.29 加湿対策にEM珪藻土を活用
コロナウィルスが感染拡大し不要不急の外出自粛も 促されており、非常に緊迫した状態にある、と言われています。 & […]
2020.02.29 EM珪藻土でウイルス対策!
【ウイルス対策には、湿度50%以上を保つことが大事!】 コロナウイルスが流行していますが、インフルエンザも油断 […]
2020.01.31 万一の火災について
今回はEM珪藻土が火災時にどのようか効果を発揮するか解説していきます。     火災から命を守る! […]
2020.01.30 【Q&A】練って余った珪藻土の廃棄(処分)方法は?
こんにちは。 今回は、左官工事やDIYなどで珪藻土塗りをした時に練って余った材料をどのように処分すれば良いか? […]
2020.01.25 EM珪藻土の施工下地は? ~新築編~
新築現場より、よく質問されることでもあるのですが EM珪藻土の下地は石膏ボードなのか、何か下塗りを入れたほうが […]



Copyright OK-DEPOT All Rights Reserved.