【EM珪藻土】稚内層珪藻頁岩にEM(有用微生物群)を配合した、安全性や健康を考えた未焼成・自然素材100%珪藻土

珪藻土の効果|ホルムアルデヒド吸着試験

ホルムアルデヒドの吸着試験を行いました。
【試験方法】
  1. 検体と空気をテドラーバッグに封入。
  2. パラホルムアルデヒドを瓶に入れ、ゴム栓アルミキャップで密閉し、約100度で1分間加湿。ホルムアルデヒドを発生させる。
  3. 瓶内に発生したガスをテドラーバッグ内に注入、ホルムアルデヒド濃度を約10ppmに調製し、試科ガスとする。同時に検体を封入しないブランク試科ガスも調製する。
  4. 室温を25度に保った室内に放置し、0、5、10、15、20、30、40、50、60分後のテドラーバッグ内のホルムアルデヒド濃度を検知管を用いて測定。
  5. 上記の試験を2回実施。

試験の平均結果グラフが以下になります。

EM珪藻土とEM珪藻土フラットがホルムアルデヒドを吸着し、1時間後にはほとんど検知されなくなりました。
続いて、「耐火効果」についてご説明致します。
このページが気に入ったら、ぜひ「いいね!」を押してfacebookでシェアしてください。





Copyright OK-DEPOT All Rights Reserved.