【EM珪藻土】稚内層珪藻頁岩にEM(有用微生物群)を配合した、安全性や健康を考えた未焼成・自然素材100%珪藻土

EMとは? EM菌配合のEM珪藻土

有用微生物群
琉球大学農学部 比嘉照夫教授によって開発されたEMとは、有用微生物群の英語名、Effective Microorganisms(エフェクティブ・マイクロオーガニズム)の頭文字から付けられた造語です。EMの形態は、黒または茶色の液体状で、液中に複数の微生物を共生させた微生物資材です。また、よく言われる“EM菌”という微生物は存在せず、これは俗称です。
通常、微生物は単一種類で扱われるのが普通ですが、EMには嫌気、微好気の複数の微生物が、気質を交換しあいながら共存しています。そのため、単一種類に較べ幅広い対象に有効で、現場に使用した場合、多種の微生物がすぐに発酵の過程に進むことができます。この複合共生の微生物という点が、EMの最大の特徴です。
使用されている微生物は、酵母菌や乳酸菌など、食品加工に使われている安全で有用な種類ばかりで、複数の機関がEMの安全性を確認しております。
酵母菌
このEMを活用した技術を、EM技術を呼んでいます。活用の分野は多岐に渡り、国内外で建築や医療、教育、福祉などの分野でも利用されています。そのほか、EMを応用した各種資材、飲料水や食品など、様々な製品もあります。
EMには酵母菌や乳酸菌などの善玉菌の他に、光合成細菌が含まれています。光合成細菌は、地球に空気がなかった頃から存在する微生物で、放射能対策に有効なのではといわれています。(詳しくはこちら
建築の分野ではEM技術を活用して建物の機能を高めることが可能であり、建造物の耐久性を向上させ、有機溶剤の害を減らす(シックハウス予防)などの効果が期待されています。

EMメディカルスパでは、自然治癒力や免疫力を引き出すためのさまざまなプログラムが充実しており心と身体はひとつのものという、ホリスティックな観点からのスパや東洋的なリラクゼーションを通して、日々のライフスタイルを見直し、自分の中にある自然エネルギーを蘇らせ、健やかな心と身体を作る取り組みが行われています。 すでにお客様からは、新築特有の薬品臭がない、カビが生えにくい、保温性が良いなどの報告が寄せられており、精神面からも、とても癒される気持ちのいい住宅であるという点で意見が一致しています。このEMを活用した技術を、EM技術と呼んでいます。活用の分野は多岐に渡り、国内外で建築や医療、教育、福祉などの分野でも利用されています。その他、EMを応用した各種資材、飲料水や食品など、様々な製品もあります。
EM珪藻土は、 EM研究機構EM研究所EM生活 との正式なライセンス契約に基づいて製造しています。
EMは様々な分野で活用されていますが、中でも「抗酸化」について、詳しくご説明致します。
このページが気に入ったら、ぜひ「いいね!」を押してfacebookでシェアしてください。





Copyright OK-DEPOT All Rights Reserved.