2016-2017年 冬季休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、下記期間を冬季休暇とさせていただきます。

2016年12月28日(月)~2017年1月4日(月)

ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
※期間中に頂いたメールは、2017年1月5日(火)より順次返信いたしますのでお待ちくださいませ。

カテゴリー: お知らせ

【クラック(ひび割れ)のリスクを下げる方法】 2.下地組み編

お勧めの壁下地の組み方(例:在来工法)

 

先日はクラック(ひび割れ)の発生要件について書きましたが、今回は第2弾という事で下地組みについてお伝えしたいと思います。

昔は在来工法と言うと縦方向には柱・間柱が、横方向には胴縁(どうぶち)がそれぞれ尺5(455mm)ピッチで組まれ、昔ながらの丁寧な仕事として定着していました。

しかし、最近では材料が良くなっている事や工期短縮の需要が高い事から、胴縁施工を省く事が多くなっています。

そこで、内壁下地へ胴縁を入れる事によるメリット(効果)を改めてお伝えしたいと思います。

 

横胴縁のメリット(効果)

  1. 平滑な壁下地を作る(柱や間柱は若干の反りや寸法違いが起きる為)
  2. 柱の伸縮による壁割れを防ぐ
  3. 壁の構造強度が増す
  4. 石膏ボード(3×6サイズ)の場合には継ぎ足し部分の受け木の役割となる

 

胴縁施工は手間のかかる作業となりますが、クロスや塗り壁材を問わず仕上材のクラック(ひび割れ)に悩まされている場合は、是非一度試されてみてはいかがでしょうか?

もちろん、これでクラック(ひび割れ)が完璧に防げるわけではありませんが、仕上材は下地の影響を大きく受けますので抑制効果は高いと思います。

 

横胴縁の壁構造イメージ 尺5(455mm)ピッチ

kozo_sekko2

 

横胴縁の施工例 尺(303mm)ピッチ

%e6%a8%aa%e8%83%b4%e7%b8%81

 

何事も下地作りが大事と言いますが、見えない箇所だからこそ建築会社の考え方が問われるところであり、手間を掛けるかどうかで仕上がりが大きく変わってきます。

『念には念を』という言葉の通り、出来る限りクラック(ひび割れ)のリスクを軽減できるように努めたいものですね!

次回は石膏ボード張りについて書きたいと思いますので、乞うご期待ください!

 

下記のバックナンバーもご覧ください!

【クラック(ひび割れ)のリスクを下げる方法】 ①導入編

 

下記人気のブログ記事もご覧ください!

珪藻土の補修にお困りの方はこちら!

 

EM珪藻土の専用HPはこちら!

 

 

外渉課 荒木恵

 

カテゴリー: よくあるご質問, 雑記 タグ: , ,

EM珪藻土中国出張ー現場編

江蘇省別荘、裕福者は住宅健康志向に大金をかけています。

img_6906 img_6916

 

EM珪藻土を施工した現場

img_6944

img_6954

img_6956

 

img_7394

 

浙江省別荘

 

img_7272

「ここではEM珪藻土施工中」が掲示され

img_7273

 

マンションにもEM珪藻土施工あり

img_7467

 

img_7394

 

img_7302

 

img_7355

 

「EM珪藻土仕上がり完了、手を触れないでください」表示

img_7384

img_7353

 

施工中の現場等に日本側が施工指導を行いました。

img_7299

日本から現地にもって行った珪藻土施工道具

img_7401

中国側の職人さんが日本施工道具に興味津々・撮影、ほしいものは日本に購入してもらうつもりです。

img_7059

中野渡さんが施工デモ・指導

img_7058 img_7033 img_7051

 

珪藻土パターン作り、様々道具の使え分けを現地職人に教えてあげていました。 img_7430

 

img_7435

 

img_7436

 

今使用中の攪拌機ですとパワーに問題あり、攪拌不足で材料は十分に溶けてないことも指摘・是正してあげました。

img_7411

 

 

 

 

嵐山 コウイチ

流通課

201611

 

カテゴリー: 雑記