EM珪藻土 blog 「EM珪藻土 業界トップレベルの調湿効果を持つワケとは…?」

EM珪藻土 業界トップレベルの調湿効果を持つワケとは…?

  • 皆さんこんにちは!外渉課の薄田と申します。

    本日は、EM珪藻土の高い調湿効果の秘密に迫ります…!

     

     

    【最高級品質の稚内珪藻頁岩のみ限定使用】

    珪藻土は産地により、その性能は異なります。

    日本の珪藻土の主な産地は、秋田・石川・岡山・大分などがありますが、

    それらと比べて稚内層系津頁岩は比表面積が100m2/gと、

    その他の珪藻土の約4倍であり、細孔容積では約5倍の差があります。

    細孔がより小さく、たくさん存在するため、吸放湿性において、

    一般的な珪藻土よりも圧倒的に優れています。

    詳細はこちら ⇒ EM珪藻土の特徴:産地

     

     

    【稚内珪藻頁岩を未焼成で使用】

    珪藻土の主成分は二酸化ケイ素(Sio2)です。これを高温で焼成していくと、

    住宅などで良く使用されているガラスになります。

    ガラスは皆さんご存じの通り調湿効果はありません。

    珪藻土を焼成していくという事は、

    多孔質という特長のある珪藻土の穴を塞ぐ事になります。

    詳細はこちら ⇒ EM珪藻土の特徴:未焼成

     

     

    【珪藻頁岩含有率が業界トップレベルの58%】

    珪藻土の原料がどれだけ含まれているかが、調湿機能の差として現れます。

    ホームセンターなどで安価に販売されている珪藻土の中には、

    珪藻土自体が5%~20%程度しか含まれていないものがありますが、

    EM珪藻土は、北海道の稚内層珪藻頁岩58%含有しており、

    m2あたり360g/m2という驚異の吸放湿性能を誇っています。

     

    詳細はこちら ⇒ EM珪藻土の特徴:含有率

     

     

    そのため、EM珪藻土は業界トップレベルの調湿効果を持っています。

    調湿効果が高いEM珪藻土、こんな方におすすめです!

    そのほか、EM珪藻土は様々な効果を持っていますので、ぜひご覧ください!