EM珪藻土 blog 「加湿対策にEM珪藻土を活用」

加湿対策にEM珪藻土を活用

  • コロナウィルスが感染拡大し不要不急の外出自粛も

    促されており、非常に緊迫した状態にある、と言われています。

     

    かくいう私もできる限り在宅での勤務ができるよう

    体制を整えており、実際にリモートワークが始まっています。

     

    まだまだ正しい情報は得られず、根拠がない部分もあるようですが

    室内の湿度を上げることはウィルスの活動を妨げる、とされています。

    コロナウィルスにおいて確かな情報はないですが

    過去のインフルエンザウィルスにおいては室内の湿度を上げることで

    その生存率を下げることができるという結果が出ており

    ウィルスに対して湿度を上げることは一つの有効な手段と

    なっています。

     

    一般的なビニールクロスに囲まれて暮らしていると

    なかなか湿度をコントロールすることは難しいです。

     

    一つの研究によると超音波式加湿器のみ

    ミスト化される水の分子が床へと落ちることが認められ、

    他の加熱式加湿器や気化式加湿器によって発生される

    水の分子はあまりに小さすぎて床に落ちてくるという

    現象には至らず、浮遊し続けてしまうことがあるようです。

    超音波式加湿器から発生する水の分子がウィルスを

    床方向へ移動させる要素となっているようです。

    (あくまで研究の一つです)

     

    一般的なビニールクロスに囲まれた室内では

    快適湿度と呼ばれる湿度へコントロールすることが

    難しく、単に室温が高くなっている可能性もあります。

    (湿度が高まっているように感じられる)

    東京とホノルルの気温と湿度の違いも参照

     

    EM珪藻土は、優れた多孔質を有しているので

    水の分子を珪藻土内へ取り込み、また放出する効果が非常に

    高い珪藻土です。

    室温を上げすぎない中でも湿度を上げていくことが

    EM珪藻土によって可能になります。

     

    電気代もかからず、壁面や天井に施工するだけで

    自然に湿度をコントロールしてくれるEM珪藻土は

    ウィルス対策の一つであると言えるでしょう。

     

    EM珪藻土は在庫を多数抱えておりますので

    お届けまで時間を頂戴せず、施工が可能です。

    まだまだこれからの対策でも長期化すればきっと

    対策の一つとして機能してくれるでしょう。

    珪藻土を施工したからといって万全ではなく、あくまで

    予防の一つに過ぎませんが

    今からでも対策の一つとして検討してみませんか。

     

     

    EM珪藻土の商品情報はこちら

     →https://em-k.jp/syouhin.html

     

     

    建材事業部 外渉課 フセヒロシ