EM珪藻土 blog 「万一の火災について」

万一の火災について

  • 今回はEM珪藻土が火災時にどのようか効果を発揮するか解説していきます。

     

      火災から命を守る!

     

     

    火災による死因

    火災による死因はやけどによる場合が多いですが、建物火災におけ
    る最も多い死因は一酸化炭素中毒もしくは窒息による煙死であると
    いわれています。

    では、なぜ建物火災の場合煙死が多くなるのでしょうか?

    それは戦後建てられた家屋は化学物質を含む建材が使われている場
    合が多く、その上建物内には化学物質でできた製品も多いからです
    例として建材では広く使われているビニールクロスボンド等、製
    品ではナイロン、ポリエステルやアクリルで作られている服飾品や
    寝具等があります。

    これらの製品は元々石油からできている為燃えやすく製品に含ま
    れている化学物質が燃える事により有毒ガスを発生させ、そのガス
    により命を落とす事になるケースが多いのです。

     

    珪藻土の耐火効果

    珪藻土は昔から、七輪やコンロ、耐火レンガの原料として有名です。

    なぜ珪藻土は、火に強いのでしょうか?

    それは融点が約1200 度以上という耐熱性に優れた素材だからです。
    有害成分を含まない純粋な珪藻土は火も煙も出ず、バーナーで炙っても
    少し焦げた程度の匂いしかしません。

     

    また、珪藻土はシリカという鉱物系の石や土等の元素と同じ物からできているので不燃で、空気を多く含むので、熱も反対側の壁に伝えにくいです。

    たとえば、木の板に珪藻土を塗ってバーナーで炙りながら反対側に手を充ててみてください。表面はススがついて黒くなりますが、裏面はほのかに暖かい程度です。

    ビニールクロスの家で火災が起きた場合、クロスが燃焼し、有毒ガスが発生し煙死してしまうケースが多くなっています。

    珪藻土が壁材として使われていたら、火事の燃焼も長く抑え、毒ガスが出る事もなく、多くの方が外部に逃げ出せたかもしれません。

    EM 珪藻土は、自然素材100%にこだわり、有害化学物質は含まれていないため、有毒な煙等が発生しません。

     

    また、住宅以外の建物である店舗や施設などはどうでしょうか。

    「医療施設には病気をかかえて自力では逃げられない人や、場合によっては手術中の人がいる。
    ほかの施設に比べて火災が起きると人命被害が大きくなる可能性が高い」。

    東京理科大大学院国際火災科学研究科の小林恭一教授(65)はこう説明しています。

    第一に火災が起こらないようにすることが前提ですが、災害は予測が難しいものです。備えに余分ということはありません。

    EM 珪藻土を使用した場合、ビニールクロスと比べ患者さんの避難する時間を長くすることができます。

     

    内装建材をご選定の際は、『万一の火災について』も検討材料として加えてみてはいかがでしょうか?

     

    EM珪藻土のその他の効果と特徴

    商品一覧はこちら

    商品注文ページはこちら

     

     

    外渉課 荒木恵