EM珪藻土 blog 「【良くあるご質問Q&A】 EM珪藻土のホルムアルデヒド発散等級は『F☆☆☆☆』ですか?」

【良くあるご質問Q&A】 EM珪藻土のホルムアルデヒド発散等級は『F☆☆☆☆』ですか?

  • 投稿日:2017年02月11日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:お客様の声 | DIY
  • 昨今のDIYブームに加え健康思考も相まって、自宅の内装を塗り壁や塗装壁にリノベーションされる方が増えています。
    作業はもちろんの事、材料選定もご自身と言う事もあって数ある中から自分にピッタリの材料を探す事に苦労されている方も多いのではないでしょうか?
    そんな時に判断材料となるのはコスト、施工性、安全性などでしょう。

    本日は、お客様より実際に弊社に届いた声をご紹介させて頂きます。

     

    Q:EM珪藻土のホルムアルデヒド発散等級は『F☆☆☆☆』ですか?

     
    banner1
     
    平成15年7月に施工された建築基準法のシックハウス対策にて、建材や塗料、内装材、接着剤などのホルムアルデヒド発散速度に応じて、JIS・JASで定められた等級『F☆☆☆☆』から『F☆』で区分する事になりました。
     

    ホルムアルデヒド発散速度が遅いほど☆の数は多く、ホルムアルデヒドの発散量が少ないことを示します。最もホルムアルデヒド発散速度の速い(発散量が多い)『F☆』では内装の仕上げへの使用は禁止されていて、最も発散速度の遅い(発散量が少ない)『F☆☆☆☆』以外は区分ごとに使用面積などの制限がされています。
     
    law
      
    さて、肝心の回答になりますが、
     

    A:自然素材100%であるEM珪藻土、EM珪藻土フラットには『F☆☆☆☆』表示はございません。

     
    なぜなら、シックハウス対策に伴う建築基準法改正において、固化材に合成樹脂を使用していない珪藻土壁材は「告示対象外建材」となっており、『F☆☆☆☆』の表示を行う義務がなく、また、規制建材ではないので表示することができないからです。

     
    キャプチャ0
    キャプチャ
     
    全文を読まれたい方はこちら ↓
     
     しかし、珪藻土製品の全てが『告示外対象建材』ではなく、固化材に合成樹脂を採用している場合は、「F☆☆☆☆」を取得しなければなりません。
    つまり『F☆☆☆☆』がついている壁材は合成樹脂などで珪藻土を固めている壁材であることを意味します。
     

    Q:安全かどうかはどうやって見分ければいいの?

    A:安全データシート(SDS)などを取り寄せて確認するのが良いでしょう。

    メーカーHPなどでは、まだまだ成分開示などが完全ではありません。
    少し手間になりますが、資料請求をしてご自身の目で確認されることをお勧めします。

    合成樹脂を固化材として採用している珪藻土は、珪藻土最大の利点である多孔質の穴が埋まってしまいその効果を100%発揮させることができません。
    調湿効果や消臭効果などの優れた機能を発揮するには、施工性を追求した合成樹脂の配合ではなく機能を阻害しない自然素材一択となります。

    EM珪藻土は配合成分を全て公開しています ↓
    EM珪藻土の成分は自然素材100%
     

    せっかく珪藻土を選ぶのであれば、珪藻土本来の機能を十分発揮出来るような自然素材100%の珪藻土を選んで頂きたいと思います。
    EM珪藻土は、自然素材100%にこだわり、含まれる全ての素材が自然のもので作られており、珪藻土の特性を損なうことなく安心してお使い頂けます。

     
    最高水準の安全性、性能、施工性を誇るEM珪藻土
    そこにいるだけで健康になる空間創りを私達は目指しています。

     
     
     
    外渉課 荒木恵