EM珪藻土 blog 「珪藻土が吸った湿気はどこにいくの?」

珪藻土が吸った湿気はどこにいくの?

  • 投稿日:2017年01月07日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:珪藻土の効果
  • 珪藻土の調湿効果

     

    珪藻土が注目されている最大の効果は、調湿効果(吸水効果)です。

     

    0105183

    ※リビングダイニングに内装塗り壁材EM珪藻土が施工されたお家の写真

     

    調湿効果(吸水効果)とは、お風呂あがりの濡れた足を珪藻土マットの上に置いたあと、ビショビショに濡れたマットがあっという間に乾くあの効果です。

     

    こちらの動画は、珪藻頁岩に水を吹きかける実験が含まれているので、是非ご覧ください(^^)

    開始11秒あたりから実験が始まります。

     

    そして、昨日海外のお客様からのご質問で、今回のタイトルのとおりのご質問をいただきました。

     

    Q. 「珪藻土が吸った湿気や水はどこにいくんですか?」

     

    回答はこちらです。

     

    A. 珪藻土は、湿度が40%以下になると湿気を吐き出し、部屋の湿度を人間の住みやすい状態に保ってくれます。

     

    そうなんです。乾燥して湿度40%以下になると、吸った湿気を吐き出すんです。ジメジメもカラカラもどちらにも対応するなんて、優秀ですよね!

     

    img17

     

    仕組み等、詳しくはこちらのページをご覧ください(^^)

    >>珪藻土の効果 調湿効果<<

     

    OK-DEPOT オギハラカスミ