EM珪藻土 blog 「陰影を愉しむ〜実例その2」

陰影を愉しむ〜実例その2

  • 10/31に『陰影を愉しむ』というタイトルのブログで

    EM珪藻土の陰影について紹介いたしました。

    (そのブログはこちら

     

    新規の現場にて自然光による陰影が

    わかりやすかったので、その2としてご紹介したいと思います。

     

    EM珪藻土による陰影

    今回は改修済み中古住宅を購入されたお客様が壁面を

    EM珪藻土にしたいというご要望でした。

    今回は上記の条件のため、クロスの上にEM珪藻土を

    仕上げています。

    (仕上げの外観上はわかりません)

     

    カラー:白菊

    パターン:ナチュラルストーム

    光:自然光(太陽光)

    施工後まだ完全乾燥まで至っていないため

    乾燥後の見え方と多少異なることがあります。

     

    【正面から】

     

    【影のある場所】

     

    【天井】

     

    【ニッチ】

     

    【階段】

     

     

    このように光の当たり方によって様々な表情を見せてくれます。

    色合いも陰影によってその見え方が変わるので

    左官材によるパターン付けは非常に愉しく、見せ所ともなります。

     

    EM珪藻土は稚内産の珪藻頁岩を58%も含んでおり

    骨材が多いのでザラザラした印象はあるかもしれませんが

    こうしたパターンによる表情の豊かさは特筆ものです。

    今回は特にリビングでの施工だったので

    太陽光が入りやすく陰影が非常にわかりやすい現場でした。

     

    階段での陰影の見え方の実例があまりないので

    参考にしていただければと思います。

     

    その他の施工事例をご覧になりたい方は→こちら

    その他の代表的なパターンについて知りたい方は→こちら

     

    EM珪藻土の白菊(カラー)が気になった方は→こちら

     

    EM珪藻土についてのご質問もお気軽にどうぞ。

     

     

     

    建材事業部 外渉課 フセヒロシ