EM珪藻土 blog 「出隅のR加工」

出隅のR加工

  • どちらかといえば職人様向け、業者様向けという少し

    専門的な内容になってしまうのですが、お施主様でも

    「こんな仕上げにしたい!」と気付かれるかたもいらっしゃると

    思うので、思い切ってご紹介します。

     

    出隅、つまり仕上げの角(凸部)に当たる部分を

    R加工(丸みを帯びる)させるための施工部材についてです。

     

    R加工された出隅

     

    塗り壁でないと施工することが難しく、また、塗り壁の良さが

    活きる、珪藻土や漆喰に非常に多い特徴的なデザインです。

     

    少し例を挙げてみましょう。

    ★光の導線を効果的に

     

    ガラスブロックとの組み合わせです。

    光の入り方や光の当たり方がマイルドになるので塗り壁も

    やや優しい雰囲気を帯びます。

     

    施工部材は?

     

    壁面の下地材は通常、石膏ボードです。

    この石膏ボードは曲げたり角度を付けたりすることは基本的にできません。

    石膏が折れてしまうのです。

    ということで、専門の部材を使うことが大事です。

    石膏ボードの出隅に専用部材を取り付け

    綺麗にRが出るように、割れたりしないよう下地を作っておきます。

    テープが付いているので施工も簡単、

    動いてしまう心配もありません。

     

    ちょっとしたことですが、R加工された出隅の壁は

    お部屋の印象を変えるワンポイントです。

     

    EM珪藻土EM漆喰もどちらも施工に対応していますので

    検討してみると楽しいかもしれません!

     

     

    建材事業部 外渉課 フセヒロシ