EM珪藻土 blog 「EM珪藻土フラット ローラー施工編」

EM珪藻土フラット ローラー施工編

  • 投稿日:2018年09月29日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:雑記
  • こんにちは、外渉課の藤本です。

     

    3連休なのにすっきりとした天気が少なくアウトドア派の私としては非常に悲しかったですが、

    皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

     

    先日、EM珪藻土フラットの施工方法について確認するために、OK-DEPOTの物流倉庫にて

    検証を行いました。

    今回の検証では、石膏ボードの上にクロスをはりその上からEM珪藻土フラットの

    施工を行う、改修工事でよくみられる方法を確認しました。

    工程としましては、下記の順序で行いました。

     

    ①EMPシーラーを壁紙の上からローラーで塗っていきます。

    ②EM珪藻土フラットをローラーで塗布します。(横方向)

    ③2度目のEM珪藻土フラットを塗布します。(縦方向)→右添付写真

    ④完成!!

    ①~③の工程の間には乾燥時間を設けています。

     

    施工要領書に塗布時の装備として、長袖でビニール手袋を推奨しています。EM珪藻土フラットはアルカリ性の為、塗料が肌に直接触れると荒れてしまうので、、今回はどのくらい腕や手にかかってしまうかも、検証いたしました。

    下記写真では1平米分の塗装後に撮ったものです。

    写真だと分かりにくいかもしれませんが実体験としまして、たった1平米分でも汚れてしまうという印象でした。

    通常の改装工事ではもちろん、DIYで行う際にはもっと大きな面積を塗ると思いますので

    さらに付着することが予想されます。

    施工をする際には、OK-DEPOTで作成しています、施工要領書をよく読んでから行ってください。

     

    上記が仕上がりになります!!

    塗り壁特有のパターンがうまくつけることができました。

    順序を守ればだれにでも行うことができますので、新築・改装・DIYの際にはぜひご検討を!!

     

    珪藻土の特徴はこちらから→https://lohas-material.com/products/em-keisoudo.html