EM珪藻土 blog 「【EM珪藻土】顔料について」

【EM珪藻土】顔料について

  • 投稿日:2014年04月18日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:雑記
  • こんにちは!
    開発課 本山です。

    先日、EM珪藻土に使われている顔料について調べる機会がありました。
    今日はそのことについてお話しします。

    珪藻土に使用している顔料は「色土」、つまり自然の土そのものです。
    顔料も自然素材にこだわり、化学原料を一切使用しておりません。

    さて、一口に土と言っても、下図のように様々な構成要素があります。

    dojou

    土壌には大まかに分けて固相、液相、気相とあり、
    色土はこの固相の中の無機成分の部分を使用しています。

    有機成分や化学成分が含まれていないので、
    火災が発生しても有害物質が発生せず、
    また簡単に劣化して変色したりもしません。

    主に使われている色土には以下のようなものがあります。

    中国黄土:その名の通り中国で産出する黄土。鮮やかな黄色が特徴。
    荒木田土:水田に使われる土で粘土質。色は落ち着いた茶褐色。
    三波石:群馬県藤岡市などで産出される岩石。粉末にして淡い青緑色の顔料に。
    紅土:酸化鉄に由来する鮮やかな赤さび色を発する。

    tokucho6

    EM珪藻土には様々なカラーバリエーションがありますので、
    ご自身の好みや、お部屋の使い方などに合わせて、
    ぴったりの色を選んでみてくださいね!

    EM珪藻土のカラーバリエーションはコチラ