EM珪藻土 blog 「カビにも効果あり、EM珪藻土」

カビにも効果あり、EM珪藻土

  • 投稿日:2016年07月01日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:雑記
  • こんにちは。

    外渉課のフセヒロシです。

     

    湿気の多いこの季節、珪藻土や漆喰をオススメすることも多くなりますが

    お客様が気にされるのが、

    「珪藻土って吸湿するけどカビないの?」

    ということです。

    (他社の珪藻土で出たカビ)

     

    珪藻土は多孔質のため、無数の細かな穴(孔)が存在します。

    この穴に水蒸気(水分)が出入りすることで、お部屋の湿度をコントロールしてくれます。

     

     

    つまり、吸湿だけでなく放湿もしっかりするということです。

    温度は高いところから低いところへ流れる性質がありますが

    湿度にも似たような性質があり、均一になろうとして拡散が起きます。

    珪藻土も吸湿し続けるのではなく、お部屋内が乾燥状態に向かえば放湿をして

    室内の調湿をしようとします。

     

    吸湿した際には珪藻土内に水分が留まった状態になりますが

    そのまま留まり続ければ悪玉菌の温床になりかねません。

    悪玉菌の温床になりにくい点としては、

    放湿をすることで温床になりにくい点と、

    もう一つはEM珪藻土には

    「消石灰」が含まれている点が非常に大きいです。

     

    「消石灰」はイコール「漆喰」です。

    漆喰は成分としては強アルカリになります。

    Em珪藻土に含まれているphは約12.5前後です。

    カビの育成可能領域はpH2~8.5ですから、

    EM珪藻土がカビに強いのはお分かりいただけるかと思います。

     

    EM珪藻土は吸放湿性能を持ちながらカビにも非常に強い!

    今のところこれより優れた内装材は見たことありません。

    自信を持ってオススメいたします。