EM珪藻土 blog 「人気色トップ2は定番カラー!? EM珪藻土の出荷量ランキング」

人気色トップ2は定番カラー!? EM珪藻土の出荷量ランキング

  • 投稿日:2016年05月30日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:雑記
  • こんにちは。

    外渉課の荒木恵(けい)です。

    本日は、EM珪藻土とEM珪藻土フラットの年間色別出荷量の集計を基に人気色をランキング形式で発表したいと思います。

    お施主様との仕様決めの際やDIYでの色決めの参考にして頂ければ幸いです。

     

    まず基本カラーバリエーションは12色展開となっております。EM珪藻土は自然素材100%にこだわり紫外線劣化に強い無機鉱物顔料(色土)を配合し淡く目に優しいナチュラルカラーの仕上げとなっております。

    EM珪藻土×6色EM珪藻土色見本

    EM珪藻土フラット×6色EM珪藻土フラット色見本

     

    それでは、年間色別出荷量の集計を以下に発表したいと思います!

     

    【 EM珪藻土人気色ランキング 】

    珪藻土順位EM珪藻土出荷率

     

     

    【 EM珪藻土フラット人気色ランキング 】

    珪藻土フラット順位EM珪藻土フラット出荷率

     

    いかがでしたでしょうか?

    予想通りと言えばその通りかも知れませんが、EM珪藻土とEM珪藻土フラット共に上位2色の白色系と薄黄色系で約90%を占める結果となりました。

    白色系は光を反射することで空間に広がりをもたらす効果を持っています。その効果を利用して白を天井や壁などの広い面積に使用すると、部屋をより広く感じさせたり、閉塞感を軽減するのに役立ちます。

    また窓のない浴室や洗面室、トイレなどでは照明を反射して明るさや開放感を醸し出してくれます。さらに清潔感を与えるという面でも白は効果的です。しかし、あまりに白一色という空間は冷たい感情、孤立感を生み出してしまうことがあるので薄黄色系などでアクセントを取ることが望ましいようです。

    以上から広い面積に上位2色を採用する傾向が強く、和室や子供室などの単体部屋へ他色系の採用をお考えになられるようです。

    OK-DEPOTではこういった形で出荷率の統計をまとめ、場合によりカラーバリエーションの見直しを図る材料としています。

    現代では賃貸住宅でも自分の好みに壁紙を変えられたりとDIY思考が強まっています。EM珪藻土も時代のニーズを反映できるよう商品開発に努めていきたいと思います。

    是非とも今後の展開をお楽しみにしていて下さい!