EM珪藻土 blog 「EM珪藻土 だから、未焼成にこだわる。」

EM珪藻土 だから、未焼成にこだわる。

  • こんにちは!外渉課の薄田です。

    本日は、EM珪藻土の「未焼成」へのこだわりについてお伝えいたします。

     

    EM珪藻土はこだわりの「未焼成」

    珪藻土は、大概どこのメーカーにおいて、珪藻土の岩石の状態から焼成(焼く事)しています。

    不純物を取り除いたり、製品を安定化を目的としていますが、

    EM珪藻土の主成分である二酸化ケイ素がガラスになってしまいます。

     

    二酸化ケイ素(Sio2)を高温で焼成していくと、調湿効果のないガラスになります。

    珪藻土を焼成していくという事は、最大の特徴である珪藻土の「多孔質」の穴を塞ぐ事になり、

    吸放湿機能を失ってしまいます。

     

    多くの珪藻土メーカーは、800度から1200度で焼成を掛けているそうですが、

    焼成をかける温度が800度を超えたあたりから徐々に調湿効果が落ちていき、

    1100度でほぼ調湿効果がなくなってしまうというデータも出ています。

     

     

    EM珪藻土は未焼成であり、

    一般的な珪藻土の約3倍の吸放出性能のある北海道・稚内層珪藻頁岩を使用しており、

    自然素材の珪藻土の特長を最大限に生かして、業界トップレベルの吸放湿性能を有しています。

     

    未焼成について

    吸放湿性能について

    施工事例

    お客様の声